陶子堂(とーこどう)のブログ

tokodo.exblog.jp

別府の竹瓦温泉の前、「竹瓦小路」「カフェTAKEYA」に生息する路地裏マッサージ屋さん「陶子堂」です。

ブログトップ

カテゴリ:つれづれ( 13 )

いろいろと雑用が忙しくて
またしばらくブログを放置してしまったww

そういえば、とーこ堂は
いちおうフェイスブックページというのも
持っているんだけど
これがさらにまた放置状態で
放置している間に
わけのわからない中国人のスパムコメントが
やたらと付いていてビックリしたww

何事も放置はろくな事にならないwww

さて、それはともかく・・・

最近、お手伝いしている事やら何やらで
商工会議所の人との接点が多くて
こういうのも縁のひとつかもしれないので
入会してみることにした。

今年の後半の半年間に
「べっぷワクワク商品券」というのが
出回るらしいので
いちおうウチも取扱店にしておこうかな、というのが
一番の入会理由だったけどw

今年は、いろいろな会を辞めて
いまのところ無所属だったところだし
ちょうどいいかなw
[PR]
by tokodo | 2015-05-19 15:37 | つれづれ | Trackback
前回、なんとか風邪をひかずに
冬を乗り越えたと書いた数日後に
風邪をひきましたww

しかも、ギックリ腰も併発ww

油断大敵とはまさにこのことww

みっともないので
自分が体調管理でしている事の羅列は
先延ばしにしますww

とりあえずギックリ腰は
自分で鍼うって治しましたww

熱も自分で鍼して下げましたwww

鍼って、やっぱり効くんだよねぇと
一応実感できましたww
[PR]
by tokodo | 2015-03-28 14:34 | つれづれ | Trackback
さて、確定申告もようやく終わって
3月なので年度末だし、もうすぐ春ですねw

気が付いてみるとこの冬は
風邪らしい風邪をひかずにすんだようです。

たいていワンシーズンに1回とか
季節の変わり目には
風邪をひくほうなのですが。

この仕事をし始めてからだいぶ経ちますが
一応、身体が資本なので
普段からそこそこ気をつけてはいます。

規則正しい生活であるとか
睡眠であるとか
食事であるとか

いかんせん多少食べ過ぎなのと
運動不足なのは否めませんがww

次回、自分が身体のためにしている事を
羅列してみようと思います。
[PR]
by tokodo | 2015-03-14 14:37 | つれづれ | Trackback
ここは有名な竹瓦温泉も近いという場所柄、
温泉旅行に来られた観光のお客様を
マッサージする事も多いわけですが
みなさんだいたい
温泉に入った直後に
マッサージをされたいと思うようです。

しかも、温泉から上がって
ビールなどをクーッと一杯召し上がって
それからマッサージ、というのが
温泉旅行の極楽コースと思われるみたいですw

気持ちはとてもよくわかるのですよww
私もビール好きですしwwww

しかしながら、とーこ堂と致しましては
もしマッサージを受けるのであれば
温泉に入る前にしていただきたい!
と思っております。

入る前にマッサージをしておけば
そのあと温泉に入る事によって
身体の中の疲労物質なども
体外に出ていきやすくなると思いますし
熱い温泉直後のマッサージでは
具合が悪くなる事もあり
そういった症状の予防にもなります。

そして飲酒後のマッサージは
さらに具合が悪くなる事も多いため
基本的にはお断りしておりますww

せっかくの温泉旅行ですので
全体的に気持ちよく気分よく
体調もよく過ごしていただきたいと思います(^^)
[PR]
by tokodo | 2015-02-26 11:36 | つれづれ | Trackback

とーこ堂の技術と経営

前回、技術の上手さと経営(収入)は
比例しない、と書きました。

では、ウチ(とーこ堂)はどうなのか?

ウチは今、開業してから
もうすぐ13年になります。
とりあえず潰れずにやっていますw

以前、同業者から
5年続いたらもう大丈夫!と
言われた事がありました。

うれしかったけど
本当に大丈夫かどうかは
心配なままでしたし
いまだに心配ですw

技術的な向上は
している気もしますが
比較対象もないので
している気がしているだけですw

では経営能力があるのか?

正直、経営に長けている気もしませんし
たぶん経営者としては向いていませんw

では治療室の場所がいいのか?

確かに観光スポット、竹瓦温泉の近くではありますが
この周辺は風俗街なので
それを知っている一般市民は
好んで近寄りたい場所ではありませんwww

あまり儲かっていないのに
続いている治療室の場合
自宅で開業している方が多いですが
(店舗家賃がかからないので)
そういうわけでもありませんww

積極的に人づきあいもしないので
知り合いを増やして集客という事もありませんww

おそらく治療院経営のハウツー本などに
書いてあるような事は
一切あてはまっていないと思います。
(読んでないからわからないけど)

正直、何故続いているのか、
我ながらよくわかりませんww

ただやっぱり国家資格を持ってる事と
運が良かっただけなんだと思いますww
[PR]
by tokodo | 2015-02-19 12:14 | つれづれ | Trackback
技術の上手さと商売の上手さは
必ずしも比例しない、と思っている。

もちろん比例している先生方もたくさんいるのだろうし
そうであれば、それはそれでとても素晴らしい事だw

でも前回ちらっと書いた
治療の達人は儲からない、という話のように
どんなに施術の上手な先生でも
それで収入を得られるか、という事になると
また別問題なのである。

これまでに先輩・同級生・後輩など
自分で治療院を開業した例をみていて
経営が軌道に乗っているところもあれば
残念ながら閉めてしまったところもある。

閉めてしまった先生方は
私よりも技術的に優れているはずの
先生方であったにもかかわらず。

商売とか経営というのは
施術とはまた全然別の能力がいるものなのである。
[PR]
by tokodo | 2015-02-18 13:35 | つれづれ | Trackback
何の商売でも何の仕事でもそうだろうが
働いてお金を得るということは
自分が頂くお金に見合う価値を
お金をくれる方に提供できるかどうか
ということだ。

まだ免許取り立てで
ある治療院に勤めて揉んでいた時に
怖そうなオジサンから
「もっと力入れろゴルア!金払ってんだぞ!」
と怒鳴られたり
神経質そうなお姉さんを揉んだ後に受付に
「気持ちよくなかったんでお金返してください」
と言われたこともあった。

まだまだ自分は下手だったしショックだったが
そういう経験をしておいてよかったな、と思っている。
内心、不満に思っているのに
黙って帰る人ばかりだったら
自分は上手い、などと勘違いしていたかもしれない。

例えば病院だったら
治ろうが治るまいが治療費は払う。
それと同じで結果はどうあれ
一定の時間揉んだという行為のみに対して
お金を頂く事もできるだろう。

でもそれだとやっぱりイヤだw

できれば身体の調子がよくなったり
ああ気持ちよかった、と思ってもらったり
せめて来た時よりも帰る時に
何か少しでも良かったと感じて帰ってほしい。

お金を頂くわけだから。

ちょっと話はそれるが、以前先輩が
治療の達人は儲からないんだよ、という話をしていた。
どうしてですか?と聞くと
だって一発で治しちゃうから通院しないでしょ、との答えw

なるほどなぁww と思ったのでしたww
[PR]
by tokodo | 2015-02-13 12:23 | つれづれ | Trackback

与えられている事

今、こうして住んでいて仕事をしているこの土地は
何が何でもここに住みたい、という土地ではなかった。
成り行きで、今ここにいる、というだけの事だ。

以前に住んでいた土地も
やはり、自分が決めて住んでいた土地ではないが
その土地を離れるつもりは全然なかったので
移転することになったのは少し意外だった。

意外ではあったが
人生終わってみるまで
何がどうなるかわからない、とも思っているし
この先もまた、別の土地に行く可能性だって
なくはない、とも思っている。

ともかく
今、自分がいる場所が
今、与えられている場所なのだ。

与えられている場所で
生きてみる、という事なのだ。
[PR]
by tokodo | 2015-02-07 15:46 | つれづれ | Trackback
ウチの施術所の正式名は
「はりきゅうまっさーじ処 陶子堂」と言います。

保健所にはこの名称で登録してありますし
変更手続きは面倒くさいので
正式にはこの名称のままですが
普通はもう「陶子堂」だけでいいと思っています。

※もし保健所に問い合わせる際は
 名簿のハ行に入っているので
 「陶子堂」だけだと
 たぶん見つけてもらえませんww

最初、資格を取ろうと思った時も
開業した際にも
鍼灸をしたいと思っていたのですが
開業して以来、ほぼ9割の方が
マッサージ希望者なので
もう、いっそのこと
マッサージをメインという事にしていこうと
ひそかに決心しましたw

正直な話をすれば
鍼灸治療が1割という事は
十年以上も営業していながら
鍼灸の臨床経験が少ないという事ですw

しかも、はじめから鍼灸治療希望で
問合せをしてくださる方々は
たいてい深刻な状態で
病院でもどうにもならない方だったりします。

今の自分は、はたして
そんな方々の力になる事ができるだろうか?

そんな事を考えて
鍼灸治療は裏メニューにすることにしましたw

それに、初めてお会いする方々に
いきなり素肌に鍼を刺すというのも
自分はどうも苦手だな、とつくづく感じています。

何回か手技をして
ちゃんと相互の信頼関係を構築した上で
その方のご希望があれば
鍼灸治療をしていこうと
そんなふうに考えています。
[PR]
by tokodo | 2015-01-24 17:49 | つれづれ | Trackback

「もみほぐし」

癒し系のお店のジャンルで
「もみほぐし」という説明のお店が増えていて
これは、わかりやすくて良い言葉だなぁと思うわけです。

自分が日々行っているのも
おそらくはこの「もみほぐし」であると
認識しています。

あん摩・マッサージ・指圧は
あん摩マッサージ指圧師の資格がないと
してはいけない法律があるので、
あん摩・マッサージ・指圧、という名称以外の呼び名
例えば「もみほぐし」とか「手もみ」とか「リンパマッサージ」とか
そういういろいろな名前の看板をあげて
やっている事は多分みんな同じような事をしていますw

学校では、ものすごく簡単に言えば
あん摩は揉むこと、マッサージは撫でさすること、指圧は押すこと、と習ったので
厳密にいえばやっぱり、あん摩マッサージ指圧師の資格がなければ
その行為でお金をもらっちゃいけないという事なんだとは思いますw

でも、以前、ウチに来てくれた看護師をしている若い女性のお客様が
私の免許証をマジマジと見て
「あん摩って何ですか??」とおっしゃったのです。
若いとはいえ、看護師さんですら
「あん摩」という言葉が通じなくなっているのです。
しかも「あん摩」という言葉は
半ば放送禁止用語扱いされたりもしているので
どんどん死語になっているわけです。

それならいっそ
「もみほぐし」のほうがとてもわかりやすいww

あん摩マッサージ指圧師の有資格者は
こういうマッサージ類似ビジネスのことを
けしからん!って怒っているわけです。

怒りたくなるのも無理はなくて
3年間も勉強して高い授業料払って
そこそこ難しい試験に通って
やっと資格とったのに
2~3日ちょこっと練習しただけでも
同じような仕事してる人たちが
山ほどいるのは解せん!と。
しかも有資格者のほうが
広告や治療室の基準やら
いろいろ規制もキビシイので
たいへんな思いをして資格を取った人のほうが
なんだか損をしている!という気持ちもあるのだろうなw

でもでも、逆にいえば、有資格者だったら
マッサージ類似ビジネスで使われている
さまざまな種類の手技は
ぜーんぶできますよ!って
堂々と言ってしまってよいという事なのではないか?(違ww)
とも思うわけですww

自分は最初、鍼灸の資格を取ろうと思っていて
縁があって入れた学校が
あん摩マッサージ指圧の資格も取れる学校だったから
この資格に関しては
本当に、たまたま取れただけという気持ちが強いのですw

なのに、仕事をし始めてから現在に至るまで
鍼灸はほとんどしないで、揉む仕事ばかりしていますww

なので、自分も鍼灸の資格しか持っていないにも関わらず
揉む仕事をしていた可能性は
十分あったと思っているので
自分はあまり大声で
マッサージ類似ビジネスを糾弾する気にはなれないのですww

実際、有資格者でも、ヘタクソな人はヘタクソだし
無資格者でも、ものすごく上手な人は多いと思いますw

外見だけではわからないし
選ぶのはお客様(患者さん)だしwww

というわけで、
わたしが日々しているのも
「もみほぐし」なわけですwww
[PR]
by tokodo | 2015-01-15 17:41 | つれづれ | Trackback